腹筋だけだとバランスが悪い

筋トレ時に鍛えたい部分

私が筋トレの中で一番重要視したいのがお腹の腹筋。

 

そのために最初は腹筋だけを集中的にトレーニングしていました。
しかしこれはいけませんね。

 

 

お腹の筋トレで代表的なトレーニングとしてクランチがあり、このクランチだけを行っていましたが、たしかに効果はあるのですが、求めているような筋肉はつきません。

 

たしかに、何もしないよりはクランチをすることである程度の筋力はつくと思いますが、腹直筋であり、それ以外にも一緒に鍛えておきたい部位を整えておくことが重要

 

 

裏側の脊髄の部分と横側の部分、さらにお腹の深い部分にある筋、それらを鍛えることによって、お腹のヘコミが出やすくなるとされています。

 

これがポイントになるわけなんですね。

 

例えば、脊髄の部分ばかり鍛えてしまうと、姿勢が悪くなったりして、体に悪い影響を与えてしまう・・・。
体の中心である脊髄の規立筋を鍛えることによって、姿勢を整えることができるので、意識して前面、背面をバランスよく鍛えることが重要になります。

 

 

それから、お腹の側面にある腹斜筋を鍛えることも意外に大切。
くびれたお腹を手に入れることができ、ここを鍛えてくびれを作ると、逆算関係の出来上がり◎

 

 

体全体の姿勢を安定させて、体全体のバランスも整えてくれる。
お腹の腹筋だけを鍛えるよりも、全体をトレーニングすることは大変ですが、それだけのメリットが有るためかかさず行いたいもの。