血の流れは良くなる

マッサージをすることで本当に筋肉に繋がるのか?

実際のところ核心を突くようなことはわかりませんが、ただし、何もしないよりは良いということは確実にいえます。それが体をマッサージすることであり、すると、血液の流れが良くなり、筋肉を鍛えることが出来るという方法です。

 

ただし、はっきりとしたデータが出ていないし、実験が行われているわけではないために、なんとも言えるわけではありませんし、むしろ行う必要性もありません。ただし、1週間に決められたトレーニングを行ったり、毎日の疲れを癒やすためのマッサージを行うことは良いことに値します。

 

マッサージをすることで、筋肉が赤みを帯び、血色が良くなることは誰でも経験的にわかっていることであり、筋肉の中をチェックしてみると、たしかに血流が良くなっていることはわかっています。ただし、血の流れが良くなっているからとってい、イコール筋肉が鍛えられているかというとそういったことはわかりませんし、筋肉が暖まってくるということははっきりとしているわけではありません。

 

たしかに、マッサージをすることで、筋肉全体が鍛えられるという節を唱えている東洋医学が有りますが、あくまでもツボを抑えることで、効果があると言っているだけで、だからといって求めているような筋肉につあんがるかといえば、そういったことはないはずです。

 

実際、ツボを刺激すると筋肉の疲労が軽減されたり、麻酔効果のような作用があることはわかっていますが、ムキムキにはつながらないために、求めるほどではないかと思います。