筋肉をつけることでどのようなことがつながるのか

必要な筋肉

私が筋肉をつけるきっかけになったのが、ひょろひょろとした体を改善させ、男らしい体を身につけるため。

 

もともと、食事やトレーニングには気を使っていたのですが、なかなか求めている筋肉がついてくれない、、、そこで、アナボリックステロイドを服用し、筋肉をより簡単にアップできるようにしたわけですね。

 

ただし、アナボリックを服用しても、トレーニングを怠ると、筋肉がつかない恐れがあるために、計画的な筋肉は必要になるかと思います。

 

 

筋肉トレーニングは筋肉をつけるための運動、その他、脂肪を落として痩せやすい効果も期待できます。
理由としては、筋肉をつけることにより、基礎代謝の増加、そして筋肉がついて体力が上がることによる活動量の増加が関係するとされています。

 

 

基礎代謝とは生命活動に使われるエネルギーのことで、成人男性の平均は1日1500キロカロリー態度、習慣的な運動をしていない人の場合、総エネルギー消費量の6割程度もしめると言われています。

 

筋トレによってこの基礎代謝が上がるわけなんですね。
筋肉だけでなく、体内で様々な効果が期待できる。

 

 

3〜4ヶ月ほど、計画的なトレーニングを行うと、基礎代謝が100キロカロリーほど増えるそうで、これはウォーキングの40分程度の運動に相当する。

 

これが毎日続けることを考えると、けっこう体重の減量効果になり、ダイエットのほうか体の健康にもつながるということになります。

 

 

そして、筋肉が付けば、それだけ体力や力がまして、体全体が元気になる。なおかつ、アナボリックステロイドを服用すると、男性ホルモンが増加するために、仕事や性欲に対する意欲も高まると言われています。

 

 

生活全体の身のこなしも敏感になり、活動量も増やすことになる。当然それだけエネルギー消費が増えるために、日々のトレーニングでカバーしてく。