タンパク質と筋肉の関係

タンパク質と筋肉

筋肉をつけるために意識したいのがタンパク質。
この栄養分は20種類のアミノ酸からできています。

 

人間の筋肉や皮膚や血管、それから消化器官といったパーツはタンパク質の栄養分から作られています。単純に言えば、このタンパク質が不足すると、それだけ筋肉の活動が鈍くなるということになります。

 

 

筋肉をムキムキにするためには、やはりタンパク質の摂取を第一に考えなくてはいけません。
この大事なタンパク質は、体内でアミノ酸として様々な部分でやりとりされています。

 

 

体を作るタンパク質は20種類のアミノ酸が一列に重なったもので、体は水で満たされているが、アミノ酸には水分い馴染む親水性と水分を嫌う節水性の2種類があり、節水性のアミノ酸が内側に折りたたまれ、親水性のアミノ酸がボール状となり、タンパク質として効果を表してくれる。

 

もちろん筋肉だけでなく、健康的な部分でも作用してくれます。

 

このタンパク質が含まれている栄養分としては「肉類、魚類、卵、乳製品、大豆類」など。
たしかにアナボリックステロイドを服用することで、筋力を活発にすることは可能ですが、その他にタンパク質もしっかり摂取しておかないと成立しないために、食事やサプリメント、プロテインなども利用することが重要になります。